ホットストーンセラピーとは

Hot Stone Therapy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホットストーンセラピーとは、温めた石を身体にのせたり、オイルでトリートメントしてゆき、横になったまま温泉に入っているようなポカポカした状態を作り出します。

 

身体を温めることにより、身体全体の流れを促し、老廃物を排出しやすくしむくみを軽減します。またエッセンシャルオイルによるトリートメントにより相乗効果が期待されます。

 

妃美貴で使用している石は、貴重なミャンマー産の黒ヒスイ。

 

ヒスイは古代から人気の高い宝石で、金以上に珍重されていました。また、「奇跡の石」として呼ばれ、護符としても珍重されていました。

 

お一人お一人の不要なエネルギーを取り払い、必要なエネルギーをチャージしてくれるでしょう。

 

パワーストンとしてのヒスイの詳細は下記をご覧ください。

ホットストーンのメニューはこちらから。

 

 

ヒスイ(翡翠輝石・本翡翠・ジェダイド)

 

 

 

 

 純粋さと平穏さの象徴です。東洋では非常に高く評価されており、静寂な中に集められた叡智を意味します。保護作用のある石で、身に着ける人を外から守り、調和をもたらします。また、幸運と友情を引き付けると信じられています。

 

 心理面では、性格を安定させ、心と身体を統合します。自足を促します。

 

 精神面では、ネガティブな思考を解き放ち、心を鎮めます。発想を刺激し、課題がそれほど複雑に思えないようにさせて、即座に行動できるようにします。

 

 情緒面では、「夢を呼ぶ石」という働きがあります。額の上に置くと、洞察に満ちた夢をもたらします。感情の解放を助け、特に神経過敏に効果があります。

 

 霊性面では、本当の自分になることを促します。自分自身を人間の旅における霊的な存在として認識させるのを助け、隠された知識を目覚めさせます。

 

 肉体面では、浄化作用があり、身体のろ過器官と排泄機関の働きを助けます。特に腎臓には非常に優れた効果があります。

 

「クリスタルバイブル」 ジュディ・ホール著 山調出版 より引用