潜在意識を見つめる旅

October 1, 2015

 

ここ数日、潜在意識を深く見つめる旅をしております。

 

部屋を片付けていたら、「ホ・オポノポノ」の本が出てきました。

 

ホ・オポノポノをご存知の方はたくさんいらっしゃると思いますが、初めて聞いたという方のために少しご説明させていただきますと、ハワイの伝統的な問題解決方法で、「ありがとう」、「ごめんなさい」、「許してください」、「愛してます」と4つの言葉を心の中でつぶやくだけで、潜在意識(インナーチャイルド)のお掃除 - クリーニング -ができてしまうというものです。

 

イハレアカラ・ヒューレン博士が世界中に広めるきっかけを作りました。たくさん本も出版されております。

仏教的な「無」の思想と通づるものがあるので、日本人としては感覚的につかみやすいのかと思います。

 

ホ・オポノポノ公式サイト(Asia)

http://hooponopono-asia.org/

 

 

偶然は必然ということで、本を読み始めました。以前は4つの言葉を頻繁につぶやいていましたが、時が経つにつれ、頻度が落ちていたな~と思い、改めてクリーニングが必要だと深く感じました。

 

お風呂に入って体は洗うのに、潜在意識のお掃除をしないのはどうかと思いますよね。

 

また、クリーニングを続けることによって、自然とインスピレーションがおりてくるようになっているそうです。

 

何をどうしたらいいか、自然に分かるって素晴らしいことですね。

ぜひみなさんもやってみてください。

 

そして、潜在意識との対話も日々の日課にしたいと思いました。

 

インナーチャイルドの瞑想(PCのみ日本語字幕が見られます)

https://youtu.be/_zAISaAlOx0

 

インナーチャイルドは幼少の時の自分ということだけではなく、ホ・オポノポノでは宇宙が創生されてからのすべての記憶を意味していて、膨大な記憶が含まれているそうです。1秒間に顕在意識が体験していることの裏では100万倍の記憶が潜在意識の中で立ち上がっているということですから、コントロールの仕様がありませんよね。

 

その閉じ込められた膨大な記憶をクリーニングしてくれるのがあの4つの言葉なのだそうです。たしかに、「ありがとう」という言葉は魔法の言葉であることも有名ですし。

 

今日もインナーチャイルドのワークをしていて、その後Aoraのパワーストーンのオラクルカードを引いてみたくなったので、久しぶりに石とのワークもしてみることにしました。

 

12枚のカードをひいて、石からのメッセージを読み解いてゆきます。

 

メッセージは、精妙なエネルギーを感じ取ることや、自分の影の部分を抱きしめ、それを神聖な光で照らしてゆくこと、リラックスすること、真実を話すこと、常に人生のより深い意義を探し求めること、ハートを開くことなどなどが書かれていました。

 

インナーチャイルドの瞑想でやっていることと一緒だな(笑)

 

カードの中で特に気になったのが「チャレンジ」を示すカードで、「ラピス」を選んでいました。ラピスって今まで自分のために使ったことのない石だったので、それこそチャレンジでラピスと他に引いたカードで気になったジェード、ヘマタイト、クリアークォーツでブレスレットを作ってみました。

あれこれ組み合わせてみて、筋膜の動きを見ながら今の自分に合っているかどうかを探っていきました。

 

ハートチャクラのところで筋膜の動きをチェックして、エーテル体、アストラル体、メンタル体の動きもチェック。

 

整いました~(古いw)というところで、へぇ~こんなブレスレットの組み合わせって初めてだな~面白いな~。自分では選ばない石ばかり。(笑)

 

でも、つけてみるとなんかいい感じ♪

 

また、選んだカードの中にはアンバー(琥珀)もあったんですが、

 

「水を入れた透明の器に小さなアンバーを入れて窓辺に置くとネガティブなエネルギーや感情を浄化する」

 

とあったので、それもやってみることにしました。

 

セッティング完了。

 

と今日の旅はここで終了~。

 

続きはまた今度ということで。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます☆

Thank you, I'm sorry, please forgive me and I love you♪

 

 

Please reload

特集記事

妃美貴Open記念のプレゼント

August 20, 2015

1/1
Please reload

最近の記事
Please reload

タグで検索
Please reload

フォローしよう
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic