八坂神社&雅市@さいたま

January 6, 2016

今日はいつもお世話になっている楽しい”Kおりさん”と飯能市にある八坂神社と川越の雅市(みやびいち)に行ってまいりました。

 

 

八坂神社と言えば京都が有名ですが、ここ飯能の八坂神社は民家の裏山にひっそりとあって、知る人ぞ知る神社です。

 

詳しい方からの情報によりますと、京都の八坂神社が表鬼門で飯能は裏鬼門にあたるそうで、表と裏で一対となり守って下さっているそうです。

 

昨年、たまたま参加したイベントで、飯能の八坂神社はすごいですよね~と話題になっていたので、とても行ってみたかったのです。

 

 

神社の近くまできて、車を止めるといきなり目の前にシラサギが川の真ん中に現れWelcomeな感じ♪

早く写真を撮りたい!と思って外へ出ると飛んでいってしまった。(笑)

 

欲を出してはだめですね。

 

見送っていると、つがいのシラサギさんが迎えに来て二羽で飛び立っていくのを見ることができました。

 

神社へはとくに案内の標識もないので、一人で行ったらまず分からない場所にありました。

 

民家のある細い道を奥へ奥へと歩いてゆくと、やっと見えてきました。

 

山のちょっと上に。

 

あんな場所にあるのか~!

 

とても小さい神社ですが、漂っている空気がやはり違う。

 

階段を上ってゆくとご神木と思われる1対の大きな木がありました。

 

私は算命学的にも樹木の人なので、木を見ているのがとても好きです。

 

そして木に小さなかわいいツタがくっついているのを見ると”うるっ”

 

ときます。

 

 

きちんとお参りした後に写真を撮らせていただきました。

 

神社のお社の後ろには巨大な岩山があるのです。

 

それがまたでっかいこと。

 

巨大なパワーストーンですね。

 

触れてそのエネルギーを・・・でも凍る程冷たい(笑)

 

しかし触れなくてもすごいエネルギーを発してくれていると思います。

 

その場に立っているだけで、違う空気感になっているのは八百万の神の力なのかと思います。

 

  

 

こちらに祭られている神様は焔硝(えんしょう)の匂いが大好きだそうなので、お祭りには必ず花火が打ち上げられているそうです。

 

戦時中の物不足の時代には、当時の青年が自転車で狭山のほうにまで花火を求めに行って、線香花火などを用意して祭りを行っていたそうです。

 

一緒に行ったKおりさんは何度もここを訪れているので、ちゃんとお線香を持ってきてくださっていました。さっすが~♪

 

一年の始まりにこちらへお参りさせていただき感謝です。

 

はらぺこになったので、近くのカフェでお食事をしようと思ったらここのエリアはまだお正月モードでやっているお店が全然ない!(笑)

 

鶴ヶ島の雅市(みやびいち)というイベントに行く予定だったので、早めに移動を開始。

 

昨年の11月に東飯能市で開催した「なみやなぎマーケット」に遊びにいらしてくださった宮沢仁美さんという方が主宰されているイベントです。

出店数が40店舗ととても多く、平日にもかかわらずお子さん連れのお母さんたちがたくさん来ていました。

 

手仕事系のグッズがたくさん、和菓子屋さん、ローチョコレート屋さん、おいしそうなクッキーなどなど、さらに癒し系のブースもありました。

 

また、子供たちが楽しめるコーナーがたくさんあり、お母さんたちのアイディアがいっぱいあって、のびのびと遊んでいる子供たちの姿に、みんな楽しそうな雰囲気でとてもいいイベントでした。

 

入り口で、抽選会があるので名前と住所を紙に書いてエントリーしていたんですが、抽選にみごと当たり、好きなものを選んでくださいと、テーブルにいろんな商品があり、そこから選ばせてくれました。

 

じっくり見ている時間もないので、ぱっと目についた柚子ジャムに手を伸ばそうかと思ったんですが、家にあるよな・・・と思っているとすぐ手前に「ハンドマッサージ&神様カードを引かせてくれるプレゼント!」が目に入り、これだーっ!とそちらをいただくことにしました。

 

いい一年の始まり♪

 

マッサージをしてくださったOさんに私がクリスタルボウルやセラピーを仕事にしていると話すと、すぐに必要な方と繋いでくださいました。

 

Kおりさんとご一緒させていただき、八坂神社でお参りをして、イベントで新しいご縁をいただく、なんともありがたい一日でした。

 

 

 

 

Please reload

特集記事

妃美貴Open記念のプレゼント

August 20, 2015

1/1
Please reload

最近の記事
Please reload

タグで検索
Please reload

フォローしよう
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic